情報は鵜呑みにせず、自分の目で確かめる。

情報は鵜呑みにせず、自分の目で確かめる。

株式会社カラ―ズ代表取締役高田裕子さん

一人で起業、現在では名だたる講師陣を掲げたビジネススクール、カラーズ・ビジネス・カレッジを運営して、着実に講座数と受講者を増やしている株式会社カラーズ。長年勤めた外資系コンサルタント会社で感じていた、キャリアを上手にアピールできていない人たちに対する「もったいない」という思いから、キャリア支援の会社を起業する決意をした同社代表取締役・高田裕子さんに、起業にいたるまでの思いや今後の目標、日頃の情報収集の仕方について伺った。

高田裕子さんのトレンドリング
株式会社カラーズ 代表取締役/キャリアカウンセラー 高田 裕子さん
外為企業、商社を経て、外資系コンサルタント会社へ入社。秘書を経験後、人材採用部にて多くの中途採用を手がける。2006年、独立して有限会社カラーズ(現:株式会社)を設立。「女性キャリア設計塾」「キャリアサロン」「カラーズ・ビジネス・カレッジ」などを主宰。

― このたび高田さんをご紹介くださった、こびとのくつ株式会社の工藤美樹さんとの出会いについて教えてください。

当社がある講座を開講したときに、工藤さんがその講座について問い合わせをくださったのが最初の出会いです。残念ながら、そのときはすでに申し込みを締め切ったあとだったのですが、次に開講したときに、工藤さんのことを思い出して連絡を差し上げたところ、受講していただくことになりました。同じ女性起業家ということもあり、以来、お友だちとしてお付き合いさせていただいています。工藤さんは仕事への取り組み方やプロとしての心構えなど、学ぶ点や気づかされる点が多く、いつも刺激を受けています。

― 御社では、女性限定のキャリアサロンや社会人向けの講座を開催されているそうですね。

カラ―ズビジネスカレッジ他リーフレットはい。当社は「自分らしいキャリアを歩むための応援隊」として2006年にスタートしました。まずは女性限定の「女性キャリア設計塾」を開設し、その後、男性にもターゲットを広げ、総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を開校しました。現在は、後者のほうが事業としてのウェイトは大きくなっています。

― その「カラーズ・ビジネス・カレッジ(CBC)」では、どのような講座を開講されているのですか。

CBCは、日本初の総合型ビジネススクールです。経営戦略、マーケティング、財務などビジネススクールで学ぶMBA的な知識に加え、プレゼンテーション、ファシリテーション、ビジネス英語などのコミュニケーション力を高める講座群、さらにはクラシック音楽やアート、ワインなどの一般教養を学ぶ講座群など、ビジネスパーソンとしてだけでなく、人間としての魅力・素養を高めるための多彩なプログラムを提供します。これまでは4講座のみでしたが、2011年4月から16講座を開講します。

現役で活躍する一流の講師陣から学べるのも大きなポイントです。CBCは一科目からでも受講できるオープン型のスクールで、受講者数も15~30名という限定人数ですので、一流の講師陣とインターラクティブに学ぶことができます。他にはこんなビジネス・スクールはないですよね。(笑)

― そもそも高田さんが、カラーズを設立されたきっかけを教えてください。

高田裕子さん私は、前職の外資系コンサルティング会社で秘書を経験したのち、人材採用部に異動し中途採用を担当することになりました。コンサルティング会社は人材が商品みたいなものですから、人事のミッションも大きく、また会社全体のことが見渡せて、人事という仕事をとても面白く感じていました。幸い好きなことをやらせてもらえる環境でしたし、マネージャーにも昇進できました。でも、ある程度経験を積むと、マンネリ化してしまう部分も出てきて、そのうち自分の力で何かやってみたいと思うようになったんです。「どうしてもこれをやりたい」というものがあったというより、「自分の力で何かをやってみたい」というような気持ちでした。それから2、3年は、週末起業の本を読みあさったりして迷っていました。ちょうど40歳を迎えたときだったので、この先の働き方についても悩んでいた時期でした。そのとき会社法が改正されることになり、それに背中を押されるようなかたちで起業を決意しました。

採用の仕事をしていると、何千通ものレジュメに目を通し、多くの方々にお会いする機会があります。そんななかで、せっかく優秀なのにうまく自分をアピールできていないとか、キャリアの歩み方がわからずに迷っているなど、「もったいない」と感じる方がたくさんいらっしゃったんです。そういう人たちの助けになりたいと考え、「自分らしいキャリアを歩むための応援隊」としてキャリア支援の会社を起業することにしたんです。

― 実際に起業されて、ご苦労はありましたか?

高田裕子さんやはり大企業に所属していたときとは違い、何でも自分一人でやらなければならないことでしょうか。また大きな企業の場合、何かを始めるときは、社内でゴーサインをもらうためにプランを細かく練ります。長年の会社員生活で、私もその習性がすっかり身に付いていたので、起業したてのころはプランを立てる段階で悩みすぎていました。今は、何事もプラン通りには進まないことがわかったので(笑)、あまり深く悩まずに、実際に走ってみてその都度修正していくようにしています。ビジネスをしていると、日々いろんなことが起きますが、“自分が何をやりたくて、何を目指していくのか”ということだけはぶれないようにしています。自分で決めたことじゃなければ、結局はうまくいかないと思うので、自分の腹の底からわき上がってくる気持ちを大切にしています。

人は、自分で意識すること、自分で考えることで、初めて変わることができます。今実現したいのは、そういうきっかけの場や環境を提供することです。一人でも多くの人にそういった場を提供することで、一人ひとりが輝き、ひいては企業も活性化していくと思うんです。そのためにも今後も質の高い講座を増やし、「カラーズ・ビジネス・カレッジ」と言えば、「ああ、あそこね」と言ってもらえるようになるのが当面の目標です。

― 日頃、情報収集はどのようにされていますか?

会社員だったころは、最新の情報や先端ビジネスについての情報が自然と耳に入ってきましたが、独立してからは、講師の方々との交流から情報を得たり、ビジネス系のメールマガジンや書籍、雑誌などから自主的に情報を得るようにしています。ただし、インターネットの情報は鵜呑みにできないことも多いので、できるだけ自分の目で確かめるようにしています。講座を依頼する講師の方を探すときも、実際にその方の講義を受けてから判断することにしています。人によって物事の判断基準が違うので、最終的には自分の目で判断することが大切だと思っています。

個人としては、10年以上前からワインのスクールに通っています。資格も取り、今は自分でも講座を持って教えています。ワインは奥が深く、ここまで学べば終わりということはありません。学べば学ぶほど楽しくなるので、今後もひき続き学んでいきたいですね。

― では、日頃の人脈づくりはどのようにされていますか?

高田裕子さん人との出会いは大切にするようにしていますが、いわゆる交流会のようなものにはほとんど参加しません。たいていは仕事の中で、知人を紹介しあったりしているうちに輪が広がっていくという感じです。ただ、誰かを紹介してほしいと知人から頼まれたときは、積極的に紹介するようにしています。また前職の会社を退職した人たちのメーリングリストがあるので、そこから人脈が広がっていくこともあります。

― 次回、登場予定の牧野美保さんとの出会いや、その後のお付き合いについて教えてください。

キッチンさらぼん」という、お弁当屋さんを経営している牧野美保さんとは、友人の紹介で知り合いました。「近所に『スーパー主婦』がいるから!」と言って紹介されたんですよ(笑)。3人のお子さんのママである牧野さんは、長年勤めた勤務先を退職し、ワゴン車でお弁当販売を始め、現在では店舗を持つまでになったというバイタリティに溢れた方です。牧野さんとお会いするたびに、目の前のことをコツコツやることが大切なんだと気づかされます。